アクセスカウンター

令和6年度学校教育目標達成のためのキャッチフレーズ

「みんなのために 未来の自分のために」


下には、日々の美東中学校にあふれる「みんなのために 未来の自分のために」の瞬間を掲載します。過去の写真は、ページ上部にあるリンクをご参照ください。

地域で交通事故があり、現場で交通整理を手伝ってくれた生徒たちです。警察から感謝の連絡がありました。
地域で交通事故があり、現場で交通整理を手伝ってくれた生徒たちです。警察から感謝の連絡がありました。

新着情報【令和6年度】

最近の学校行事や授業について随時掲載しています。

↓スクロールしてみてください。

教職員・保護者の合同研修

「思春期の子どもへの接し方について」を実施しました。

 令和6年7月5日(金)下関市立日新中学校の松岡輝子先生を講師に招いて「思春期の子どもへの接し方教室」を実施しました。保護者の方も多数参加くださり、教職員とお互いの思いを共有しながら研修を受けました。松岡先生には、「思春期、こじらせちゃうとどうなるの?こじれる原因は?」、「『大人』が変われば未来が変わる!」等のテーマで講話をいただきました。また、ペアワークや演習などもふんだんに盛り込まれていて、子どもへの接し方について、様々な角度から考えることができました。さらに、子どもと一緒に楽しめるパズルやゲームなどもたくさん紹介され、「さっそく買いに行きます!」と言われる保護者の方もいらっしゃいました。

 

 

 

6月28日、生徒プロジェクトによる生徒総会の開催です!

これまで、このHPでお伝えしてきたように、全校生徒を「まなび」、「こころ」、「そだち」の3つのプロジェクトに分け、生徒会執行部と専門委員長がそれぞれのプロジェクトのリーダーとして、「チャレンジ目標を達成するために“やってみたい”こと」について協議を進めてきました。生徒総会では、プロジェクトごとに“やってみたい”ことを提案して、他のプロジェクトがそれに対して質問したり、意見を言ったりするという形式で進められました。

 提案内容を実施するための課題点やその解決方法などについて、全校生徒による活発な質疑応答があり、今後の実施に向けて、みんなで考えを深めることができました。また、育友会役員、地域学校協働活動推進員、教育魅力化推進員(美祢市教育委員会所属)が生徒の活動を参観され、それぞれの立場で「協力できること」等を伝えてくださいました。 

今後はいただいた意見を参考にして、各プロジェクトリーダーが提案内容を具体化させ、実践していきます。

地域の方々と学校運営について協議しました。

 6月18日(月)学校運営協議会委員、育友会長、教育魅力化推進員に来校していただき、学校運営について教員と協議を行いました。美東中学校として、このような会を開いたのは初めてです。

 まずは、今年度から始まった「学び直しタイム」を参観していただきました。そして、本校の「教職員プロジェクト」の総括リーダーである研修主任が全校体制で取り組んでいる教育活動について紹介し、各プロジェクトリーダーがそれぞれの取組内容を詳細に説明しました。また、生徒会担当教諭から、「生徒プロジェクト」の取組と進行状況、生徒総会で話し合う内容について説明しました。各取組に関して、委員や教育魅力化推進員から質問があったり、改善するための意見や各委員の立場で何ができるのかについて提案をいただいたりすることができました。ある委員から「これまでは、学校運営協議会等で、中学校のことについてどのように話すべきか困っていた。このような機会があると、学校の取組がよく分かり、会議等でも協議を深めることができる。」という意見をいただきました。今後は、学校を地域や保護者に開く機会をさらに増やしていきたいと考えています。

生徒プロジェクト会議が進んでいます!

 6月7日、14日ともに、生徒会・専門委員会のメンバーが生徒プロジェクト会議を実施しました。全校生徒を3つのプロジェクトに分けたグループのリーダーとして、話し合い活動を進めました。学校教育目標の達成のためのキャッチフレーズ「みんなのために 未来の自分のために」を実現するため、3つの部会それぞれが「やってみたいこと」を話し合っています。

 執行部、専門委員長はこれまで取り組んだことがない役割だけに不安もあったようですが、話し合いを行うたびに、リーダー性が成長していることを感じます。

 6月28日の生徒総会では、それまでの話し合い活動を生かした、すばらしい会議になることを期待しています。

「学び直しタイム」を始めました

 本校では、生徒がこれまで学習の学習を振り返り、『もう一度復習したい』、『得意をさらに伸ばしたい』という思いに対応するため、毎週月曜日の6校時を生徒が「学び直し」に取り組む時間に設定しました。「学び直しタイム」では、最初に生徒が各自で学習内容を決めた後、自らの課題に応じて学びを進め、時間の終末には振り返りを行うことにしています。学習内容は主に、5教科(国語・数学・社会・理科・英語)のデジタルドリル学習プリント等を進めます。全教員が全ての教室を回り、生徒からの質問等に対応します。月末には、生徒にアンケートを実施して、実施形態の改善を図ります。

 6月3日(月)全校生徒に説明会を行った後、教室に帰って早速各自で学び直しに取り組みました。

 

情報モラル教育を実施しました。

 令和6年6月11日全学年の各教室で株式会社NTTドコモによる「スマホ・ネット安全教室」を実施しました。

 講師による講演をオンラインで視聴しながら、スマホの利用に関わる「上手な情報活用とリスク」について考えました。グループチャットによる会話に基づいて、自分ならどのように対応するか等、実際の起こりうるリスクについて考える機会になりました。1人で考えたり、グループで意見交換したり、各学年間で考えを共有したりして、考える幅を広げることができたので、ぜひこれからに生かしてほしいと思います。

生徒会プロジェクトリーダーがプレゼンをしました。

 「特色のある教育活動」のページに詳しく掲載していますが、令和6年度は、生徒会執行部と専門委員会が3つのプロジェクトに「みんなのために 未来の自分のために」の実現に向けて活動します。生徒総会では、全校生徒を3つのプロジェクトに分けて、活動内容を検討することにしています。それに向けて、6月7日は各プロジェクトリーダーが校長先生に、活動内容と生徒総会での検討事項などをプレゼンをしました。どのリーダーも堂々と自分たちが学校教育目標を実現するために「できること」、「やりたいこと」を発表しました。全校生徒や保護者、地域を巻き込んで、目標実現に向けて頑張ってほしいとおもいます。

葉脈標本を作りました。

5月24日(木)に山口県立山口博物館の森泰一先生をお招きして、1年生の理科の時間に葉脈標本を作り、しおりにしました。全員が一枚ずつ丁寧に葉肉をとって、きれいな標本を完成させました。

修学旅行に出発しました!

 令和6年5月23日~25日の修学旅行に向けて、3年生が出発しました。23日は京都班別研修、24日は京都研修とUSJ滞在、25日は奈良研修の予定となっています。

 特に、地域に長登銅山のある美東中学校の生徒として、大仏殿の台座に登壇する体験を通して、地元と奈良を結ぶ歴史上の壮大なつながりを感じてほしいと思います。

教員向けのロイロノート活用研修を実施しました。

令和6年5月22日(水)に、宇部市立川上小学校の渡邊泰典先生をお招きして、ロイロノート(授業支援アプリ)を活用するための校内研修を実施しました。渡邊先生は「ロイロノート認定ティーチャー」として、ご自身で研鑽された活用技術を様々な研修会で広めておられます。先生の実践例を学ばせていただきながら、授業づくりを実践的に考える一日となりました。

職場体験学習に向けて事業所にご挨拶しています。   

 令和6年6月23日(木)~24日(金)に実施される職場体験学習に向けて、各事業所に生徒の代表者が電話でご挨拶しました。

 緊張した面持ちながら、しっかりした口調で打ち合わせができていました。職場体験学習まで、残り1ヶ月です。事業所に行って体験活動を行う意義を学んでほしいと思います。

 

授業参観・学年懇談会・育友会総会・部活動懇談会が開かれました。

4月27日(土)に授業参観等が開かれました。

1年生・・・国語 2年生・・・・保健体育

3年生・・・数学 青空学級・・・国語

どの学級においても、多くの保護者が参観されて、生徒が授業に集中して取り組んでいる様子をお披露目することができました。その後に行われた育友会総会においても、あらかじめ用意していた椅子が足りなくなるほど、保護者の参加が多く、美東町が教育に対して高い関心のある地域だと改めて感じました。今後も、より一層身を引き締めて、質の高い教育活動に取り組んでいきます。


令和6年度はじめての専門委員会

 4月25日今年度最初の専門委員会が実施されました。6つの委員会に全員がそれぞれ所属し、学級の課題や今月の取組目標などについて話し合いました。

 各専門委員長は、リーダーシップを存分に発揮し、話し合いが円滑に進むように、明確な指示を出していました。とても頼もしい姿が見られました。

 下の画像は、それぞれの専門委員会の様子です。

令和6年度入学式

 4月8日(月)、33名の新入生が希望に胸を膨らませて入学しました。緊張の中にも、節度ある1年生の態度は大変立派で、とても感心しました。今後の成長をしっかりと支えていきたいと思います。

 式では、生徒会長からの心のこもった歓迎の言葉や、新入生代表者の決意あふれる宣誓があり、会場の体育館は、生徒のやる気と期待に満ちた凜とした空気に包まれ、素晴らしい入学式となりました。

 

令和6年度 校長あいさつ

 今年度、伝統ある美東中学校に着任しました校長の藤髙学と申します。本校は、「小中一貫教育推進校」して、今年度も引き続き、校区の3小学校と同じ「学校教育目標」と「めざす子どものすがた」を掲げて、全ての教育活動の焦点をしぼります。

 特に、「誰1人として取り残さない授業づくり」と「生徒主体の活動の充実」を学校運営の中心に位置づけ、地域や保護者と連携しながら進めていきます。学校の取組について、ご意見やご質問があれば、校長室にお越し下さい。校長室のドアはいつでも開いています。

 教職員一同、一枚岩となって努力する所存です。今年1年間、どうぞよろしくお願いいたします



【お役立ちリンク】 美祢市    美祢市教育委員会    美祢市の天気